top of page

マーケティングファネル「認知」

更新日:6月13日

~顧客との出会いを確実に最大化し、繁盛店への第一歩を踏み出す~


はじめに

現代の厳しい競争社会において、店舗経営で成功するためには、効果的なマーケティング戦略が不可欠です。その中でも、マーケティングファネルにおける「認知」フェーズは、顧客との出会いの第一歩であり、極めて重要な段階と言えます。しかし、多くの店舗経営者は、具体的な施策やノウハウを知らずに、効果的な認知獲得に苦しんでいます。

本記事では、店舗を持つ経営者向けに、「認知」フェーズを最大限に活かし、顧客との出会いを確実に増やすための実践的な施策を解説します。記事後半では、業種別に具体的な事例も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。



1.独自の強みや価値を明確に打ち出し、魅力的なブランドストーリーを構築する

競合ひしめく市場の中で、自店舗を差別化し、顧客に選ばれるためには、独自の強みや価値を明確に打ち出すことが不可欠です。単に商品やサービスの機能やスペックを羅列するのではなく、顧客にとってどのようなメリットをもたらすのかを具体的に伝え、共感を呼ぶようなストーリーを構築しましょう。

また、店舗の歴史や理念、スタッフのこだわりなどを伝えることで、顧客との信頼関係を築き、ファン化につなげることができます。


2.顧客との接点となる「オンラインチャネル」と「オフラインチャネル」を最大限に活用する

現代の消費者は、インターネットを通じて情報収集を行い、購買行動を決める傾向が強まっています。そのため、店舗を持つ経営者にとって、自店舗の「オンラインチャネル」を最大限に活用することが重要です。

具体的には、以下のチャネルを積極的に活用しましょう。


  • 公式ウェブサイト: 店舗情報や商品・サービスの紹介、キャンペーン情報などを掲載し、顧客との接点となる重要な役割を果たします。スマートフォンでの閲覧にも対応し、見やすく使い やすいデザインを心がけましょう。

  • SNS: ターゲット顧客が利用しているSNSアカウントを開設し、定期的に情報を発信しましょう。商品やサービスの魅力を伝えるだけでなく、顧客とのコミュニケーションを図る場としても活用できます。

  • ブログ: 店舗のこだわりやスタッフの日常などを記事にすることで、顧客との親近感を高めることができます。また、SEO対策を意識することで、検索エンジンからの流入を増やすことも可能です。

  • オンライン予約・注文システム: 顧客が自宅から簡単に予約や注文できるシステムを導入することで、利便性を向上させることができます。


一方、オフラインチャネルも顧客との接点として非常に重要です。店舗の外観や内装、スタッフの接客態度など、五感で感じられる要素は、顧客に強い印象を与えることができます。

  • 店舗の外観: 明るく清潔感のある外観は、顧客に好印象を与えます。また、ターゲット顧客に合わせたデザインにすることで、興味を引くことができます。

  • 店舗の内装: 居心地の良い空間は、顧客に長く滞在してもらいたいという気持ちにさせます。また、商品やサービスの魅力が伝わるようなディスプレイを心がけましょう。

  • スタッフの接客態度: 親切丁寧な接客は、顧客満足度を高めるために欠かせません。また、商品やサービスに関する知識をしっかりと身につけることも重要です。


3.チラシ広告やWEB広告、Googleビジネスプロフィールを活用して、効果的に情報を発信する

ターゲット顧客に効果的に情報を届けるためには、チラシ広告やWEB広告、Googleビジネスプロフィールを活用することも有効です。


  • チラシ広告:

    • ターゲット顧客の居住地域や行動範囲に合わせた配布を行いましょう。

    • デザインや内容を工夫することで、顧客の興味を引くことができます。

  • WEB広告:

    • ターゲット顧客の属性や興味関心に合わせた広告配信を行うことができます。

    • 費用対効果を測定し、効果的な広告運用を図ることができます。

  • Googleビジネスプロフィール:

    • 店舗の基本情報や営業時間、定休日などを掲載することができます。

    • Googleマップや検索結果に表示されるため、顧客に店舗を見つけてもらいやすくなります。

    • 口コミやレビューを掲載することもでき、顧客の信頼を獲得することができます。


チラシ広告やWEB広告、Googleビジネスプロフィールを作成する際には、以下の点に注意しましょう。

  • ターゲット顧客を明確にする: 誰に伝えたいのかを明確にすることで、効果的な広告を作成することができます。

  • 訴求ポイントを明確にする: 商品やサービスのどのような点を訴求したいのかを明確にすることで、顧客の興味を引くことができます。

  • 具体的な行動を促す: 広告を見た後にどのような行動をしてほしいのかを明確に伝えましょう。


◇業種別 具体的な認知獲得施策事例

■飲食店:

  • SNSで食欲をそそる料理の写真や動画を投稿する

  • 地元のグルメ情報サイトやアプリに掲載してもらう

  • ランチタイム限定のお得なメニューを提供する

  • テイクアウトやデリバリーサービスを始める

  • 料理教室やイベントを開催する

  • 著名なフードブロガーやインフルエンサーに紹介してもらう


■アパレル店:

  • 最新トレンドを取り入れた商品を店頭に並べる

  • SNSでコーディネート例を投稿する

  • 期間限定のセールやクーポンを発行する

  • ファッションショーやイベントを開催する

  • 人気モデルやタレントを起用した広告を展開する

  • オンラインショップを開設する


■美容院・サロン:

  • 技術力の高いスタッフを揃える

  • カウンセリングに力を入れる

  • 最新のヘアスタイルやコスメを取り入れる

  • 顧客一人ひとりに合わせた施術を提供する

  • ブログでヘアケアや美容に関する情報を発信する

  • SNSで施術事例を投稿する

  • 顧客限定のクーポンやポイント制度を導入する


■雑貨店:

  • 店内を季節感あふれるディスプレイにする

  • SNSで新商品の入荷情報を発信する

  • ワークショップやイベントを開催する

  • 地元の作家やアーティストの作品を販売する

  • オンラインショップを開設する

  • 顧客限定のメルマガ配信を行う


■スポーツジム:

  • 無料体験レッスンを提供する

  • 入会金無料キャンペーンを実施する

  • 最新のマシンや設備を導入する

  • グループトレーニングや個別指導など、様々なプログラムを提供する

  • SNSで運動に関する情報を発信する

  • ブログでトレーニング方法やダイエットレシピを紹介する

  • 顧客限定のイベントを開催する


まとめ

店舗を持つ経営者にとって、「認知」フェーズは顧客との出会いを最大化し、繁盛店への第一歩を踏み出すための重要な段階です。本記事で紹介した施策を参考に、自店舗に合った認知獲得施策を策定し、顧客との出会いを確実に増やしましょう。

また、顧客との接点を増やすためには、店舗のウェブサイトやSNSを積極的に活用することが重要です。定期的に情報を発信し、顧客とのコミュニケーションを図ることで、顧客との信頼関係を築き、リピーターを増やすことができます。

さらに、地域社会への貢献活動などを通じて、地域住民とのつながりを深めることも有効です。

店舗経営は決して簡単ではありません。しかし、今回紹介した施策を参考に、顧客目線に立った経営を心掛け、不断に努力を続けることで、必ず成功を掴むことができます。



閲覧数:26回0件のコメント

留言


bottom of page